もやしダイエット 30代 女性 お腹

もやしダイエットの30代女性はお腹周り痩せ出来る!

 

もやしダイエットを始めたきっかけは、お腹周りを細くしたいと思ったからです。若いころはスリムな体型でしたが、30歳になってからお腹のぜい肉が気になるようになりました。

 

食べる量は以前とまったく変わっていませんが、代謝が悪くなってしまったのでしょう。そこで毎日ウォーキングをして代謝を高めようとしましたが、お腹が減ると必然的に食べる量が増えてしまいます。

 

代謝を高めても摂取カロリーを増やしては意味がないと考え、もやしダイエットを始めたのです。女性も30代になると痩せるのが簡単ではなくなりますが、やはりダイエットの王道は摂取カロリーを抑えることにあると感じます。

 

食事をしないのに太る人はいませんから、いかに自分にとって無理なくカロリーを抑えるかが重要でしょう。

 

もやしダイエットはもやしだけ食べるわけではない

もやしダイエットと聞くと、もやしだけ食べることをイメージする方は多いでしょう。確かにもやしだけ食べれば痩せるのは間違いありませんが、食事の楽しみを奪ってしまうことになります。

 

もやしだけのダイエットも実践しましたが、食欲を我慢するのは非常に苦痛なことであり、結局は長続きしませんでした。そこで今度は、食前にもやしを食べる方法を実践したら、少しずつ体重が減るようになったのです。

 

もやしは非常に低カロリーですが、食べるとお腹が膨らみます。食事の一番最初に食べることで満腹感を促しておけば、その後の食事があまり入らなくなるのです。

 

もやしダイエットの良いところ

もやしダイエットのよいところは、食べながら痩せられることにあります。食べる量自体はそれほど変わらなくとも、最初にもやしを摂ることでカロリーを抑えることができるのです。

 

あらゆるダイエットを試してみましたが、もやしダイエットはお金を抑えて置き換えダイエットをした30代女性に最適だと思います。今では目標の体重まで落とすことができましたが、現状維持のために今でももやしダイエットを実践しています。

 

その後は普通に食事を摂れるので、ストレスはまったく溜まりません。